こんにちは、Sakiです。

映画の

マイ・インターン

を観たので感想を書きます。

まず、この映画を見る事によって心が救われる気がします。

日々の生活に追われている人にも

引退して時間を持て余してしまっている人にも

どちらにも刺さるお話でした。

そして、”ベン”を見習えば、素敵な紳士になれます。間違いなく。

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイがメインなのですが

本当に面白かったです。

ロバート・デ・ニーロ演じるベンは

アン・ハサウェイ演じるジュールズが立ち上げたファッション通販サイトを運営している会社のシニア・インターン制度で採用されました。

ベンの年齢は70歳。

会社には若者ばかりで、最初は社内で浮いた存在になってしまうベンでしたが、

だんだんその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていきます。

ジュールズは最初はベンの採用を渋ったり

仕事をなかなか任せなかったりしていたのですが

彼女もベンの存在に救われていきます。

ジュールズは公私ともに大きな問題を抱えはじめていました。

誰にも自分の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたのですが、

そんな彼女を救ったのは、ベンだったのです。

ベンの温かな励ましを受けていくうちに、ジュールズも彼に心を開くようになって、

ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、立ち向かっていく決意をします。

人生経験が豊富なベンは社内で若い社員さんたちから

相談を受けるシーンがいくつもありますが

毎回、的確なアドバイスをそっと言うんです。

偉ぶらず、あくまでさらっと。

そして何人も救っていきます。

70歳のベンでも

会社で出会った素敵な女性と恋をします。

2人とも素敵なのですが、ベンの魅力的さは凄いです!

焦りがなく、余裕を持っていて

人の気持ちに寄り添えて、自分を主張しすぎないけれど

引っ込みすぎずちゃんと先回りした行動ができて

身だしなみに気を遣っていて

(ex. おしゃれなスーツを着こなす、ビンテージのバッグを長く大切に使っている、綺麗なハンカチを持ち歩く、髭は休みの日でも毎日剃る、など)

周りに気を配っていて、さっと助けます。

ちなみに、綺麗なハンカチを持ち歩くと書きましたが、

ベン曰く

”ハンカチは貸す為にある”

と言っていました。

超絶素敵な紳士ですよね。うわべだけではなく。

映画を見終わったあとに、

優しい気持ちになれました。

お家時間にぜひ。

おすすめです。

では。

Saki