こんにちは、Sakiです。

キングダムから学ぶ、戦略の大事さ
を書いていきます。

キングダム


ってご存知ですか?

大人気なので知っている方も多いと思いますが

漫画、アニメ、実写映画
になっています。

実写では
メインキャラの2人の配役が話題になりましたね。

信が山崎賢人さん
嬴政(王)が吉沢亮さん。

イケメン俳優ですね。笑

私は、友人におすすめしてもらってNetflixで一気見しました。

キングダムは

紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期を舞台にして、
後の始皇帝となる秦王政と、
秦の武人である主人公・信の活躍を中心に描かれている中国時代劇です。

戦いのお話がメインなのですが
キングダムからビジネスについても学べます。

キングダムでは、
天下の大将軍を目指す主人公の信は
実績を積み重ねた結果自身の隊を持ち
その隊は”飛信隊”と名付けられました。
大将軍の王騎が名付け親です。
(王騎好きです。笑)

飛信隊は強くて結果を残してきたのですが
ある時羌瘣という今まで策を考えていた人が抜けてしまいます。
敵を討つために一旦抜けて戦いに行きます。

今まで勝っていた飛信隊は
羌瘣が抜けてから勝てなくなってしまいます。

代わりに信が作戦を考えていたのですが
信は頭良くないんですよね。笑

兵力が弱まったのではなく
策が絶望的だった。笑

そして、策を考える役目の河了貂が加わりました。

河了貂が飛信隊に加わった時嬉しかったですね~笑
可愛い!
強くてカッコいい羌瘣が抜けて寂しかったので
良かったです。
ちなみに2人とも初めは女性なのを隠して
男性の振りをして生きてきました。
時代が時代ですからね。
芯があって努力家で一生懸命な2人は憧れの女性像です。

話が逸れました。笑

河了貂が加わり、飛信隊は今までの何倍も強くなりました。
いくら戦う腕が強くても、策が良くないと決して勝てない。

つまり、
いくら戦術があっても策が悪ければ戦には勝てないんです。

戦略が良ければ戦術が悪くても目標達成に近づくけど
戦略が悪いと戦術が良くても目標達成は出来ません。

戦略は間違っちゃダメ!!

そのために
ノウハウに振り回されないように
本質を学ぶことが大切です。

私は本質を教えてくれる指導者に出会えて
こればかりは運が良かったなと思います。

キングダムから学ぶビジネスを書いてきました。

Saki