こんにちは、Sakiです。

今日は、

ボディメイクについてのお話です。

今はお家時間が増えているので運動不足になって

体型に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実際、私も2キロ蓄えました。笑

先日、トレーナーの方の発信を見てとても勉強になったので

忘れないようにメモ的に書いていこうと思います。

お家でできるボディメイク法

二の腕を細くするには

二の腕のぷよぷよを撃退するために、腕立て伏せを頑張る方は多いと思いますが、実はそれだけでは細くなりません。

二の腕は、肩甲骨と繋がっています。

なので、まずは肩甲骨のまわりの筋肉をガチっとさせないと

グラグラさせたままトレーニングしても二の腕に効かない

というのです!!なんと泣 今までのトレーニング何だったのか。笑

肩甲骨のまわりを強化させるための方法は、

プランクをするときに通常肘をついて行いますよね。

それを姿勢は崩さず肘をぴんと伸ばしてやります。

この時に肩甲骨に効かせる意識を持たせます。

こうすることで、二の腕に効かせる土台が作れます。

背中のぷよぷよ撃退法

背中のぷよぷよをどうにかしたい場合も、

土台を整えずにがむしゃらに筋トレしても背中に効きません。

では土台を整えるにはどうすればいいのか。

それは、

・寝っ転がって左ひざを曲げて右側に倒す。右手で左ひざを抑えて

床に押し付けたまま、左手を伸ばして左側に倒す。

この時、左ひざが床から離れたら意味がありません。

左右10回ずつやると良いそうです。これをやってほぐさないと

背中のお肉は落ちないと断言されていました。

幸い私は柔軟性には自信があるので、これは楽勝でした。笑

肩や首の凝りはどうすればいいの?

肩の凝りや首の凝りに悩まされている方は多いですよね。

私もすぐに凝ってしまいます。

肩が凝り固まっていると、肌がくすむというから一刻も早く改善したいです。

先生は、何かストレッチを提案されていたわけではなく

呼吸

が一番手っ取り早い方法だと仰っていました。

現代人は浅い呼吸の人が多くて、

本来呼吸は横隔膜と肋間筋で行うのですが

その筋肉が衰えた結果、肩を使って呼吸をしているのだそうです。

一日2万回も呼吸をするので毎回肩を使って呼吸をしていたら

慢性的に凝り固まってしまいます。

なので、

息を吐く練習

をすると良いそうです。吐けばその分息を吸うので。

肩が動かず横隔膜が寄ってくるのを意識して

吐いて吐いて吐いて限界まできたら吸う。

この練習を1日1分でも繰り返すと正しい呼吸が出来るようになるというので

私も実践します。

ヒップアップ法

在宅ワークでずっと座りっぱなしでお尻がガチガチになってしまっている方に向けたトレーニング法は、

お尻がちゃんと機能を果たせるようにする事。

そもそも、お尻の役割は骨盤のバランスを保つためだそうです。

お尻の場合も、まずは土台を整えないと筋トレも効きません。

なので土台を整えるために

片足で立って片足は膝を曲げて腿の高さまで上げる。

そしたらその足を後ろに伸ばして上体は床と平行になるように前に倒す。

もし、この時グラグラしてしまって10回達成できなければ

お尻の使い方が正しくない証拠だそうです。

とにかく、トレーニングの前に整える事が大事な事を学びましたね。

これが違うと効果なし。正しい順番。

ボディメイクをするためには正しい順番があり

これが間違っているとせっかくの努力も水の泡。

ガチガチに鍛えたい人はまた別だけれど

しなやかで柔らかくて美しいボディラインを目指しているなら

正しい知識が必要です。

それは

1.体をほぐす。

(テニスボールなどを使ってゴリゴリほぐしていく)

2.ストレッチで柔軟性アップ。

3.体幹を鍛える。

(筋力トレーニング)

これが正しい順番です。

私はほぐす作業をあまりしていませんでした。泣

せっかくお家時間があるのでボディメイク頑張りたいです。

自分が忘れないようにメモ的に

書いていきましたが、参考になれば嬉しいです!

では^^

Saki