こんにちは、Sakiです。

伊坂幸太郎さんの

陽気なギャングが地球を回す

を読んだので感想を書いていきたいと思います。

伊坂さんの本ってホントに面白い。笑

中でもこの本は怖さが強くなくて、そこまでハラハラせずに読めました。

オーデュボンの祈りの城山みたいな人は

出てこなかったです。

メインのギャング四人組のコミカルな会話が面白くて

ずっと読んでいられる気がしました。

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女

の四人がメインのギャングたちです。

この四人が銀行強盗をしています。

毎回しっかり下見をして作戦会議をして銀行強盗をするので

成功率は100%。

でもある日、売上を持って逃走中に同じく逃走中の

現金輸送車襲撃犯に横取りされてしまいます。

偶然起きた事故のようで実は・・

ネタばれになってしまうので書きませんが。(笑)

気になる方は読んでみて下さい。

人間嘘発見機の成瀬が天才的なんですよね。

いる時の安心感が凄いです。

饒舌な響野のキャラも最高で。にやけながら読んだりしていました。笑

テンポが良くて爽快です。

この作品は映画化もされているみたいで、

嘘を見抜く名人が大沢たかおさん、

天才スリが松田翔太さん、

演説の達人が佐藤浩市さん、

精確な体内時計を持つ女が鈴木京香さん

みたいで。私的に最高なメンバーです。笑

映画も見てみたいと思いました。

伊坂さんの本はその世界に惹きつけられて一気に読めますね。

この作品は怖くなくて良かったです。

読んで頂きありがとうございます。

Saki