こんにちは、Sakiです。

すべての神様の十月

という本を読んだので

感想を書いていきたいと思います。

著者は、小路幸也さんです。

この本を読んだ感想を一言にまとめると

“神様って実際いるんじゃないか”

と思わせる作品だと思いました。

私は信仰心が高くないというか

あまり信じてない節がありましたが、

本当に、

身の回りにいるんじゃないかな、

と思いましたね。

少しずつ物語が繋がってはいるのですが

短編集になっています。

目次をまずはご紹介します。

幸せな死神

貧乏神の災難

疫病神が微笑む

動かない道祖神

ひとりの九十九神

福の神の幸せ

御蒔け・迷う山の神

目次を見て頂くとわかる通り、

とてもユニークな作品です。

読みやすかったので一気に読めました。

死神はスーパーイケメンだし

貧乏神は人間の為に動いてくれてるし

疫病神は本質的に救ってくれようとするし

道祖神は心広すぎだし

九十九神はかわいすぎだし

福の神は自分の存在忘れて病んじゃうし。

今まで抱いていた神様に対するイメージが

変わりました。

死神とか疫病神とか貧乏神とか聞くと、

人間に害を及ぼす

って思ってしまいませんか?

でも、この物語に出てくる神様達は

そうではなくて。

皆自分の役割を果たしているのですが

それのせいで人間を苦しめたりはしていません。

むしろ助けてくれています。

面白いのが、

死神は特別例外を除いては

基本的に人間とは接点を持てないのですが

他の神様達は普通に

人間世界に紛れて仕事したりしています。

そこが面白かったです。笑

更に結構不幸な目に遭っていたりして。

福の神なんてなかなか辛そうな

役回りでした。

自分が貧乏くじを引くおかげで

周りが幸せになるという。

それは病んでも仕方がないですよね。

割と登場頻度が高めの死神は、

毎回イケメンと思われています。

見てみたいですよね。笑

神様達が普通に人間に混じって生活を

している本を読んでいたので

実際にもこんな風に

紛れているのかな〜、

知らぬうちに助けてもらっているのかな〜

という考えを持つようになりました。

バチが当たらないように

トイレ掃除をちゃんとしたり

枕を踏んだりしないように

昔から言い伝えられている事は守っていこう

と思いました。

読んで頂きありがとうございました。

Saki

関連

[書評]ティファニーで朝食をBreakfast at Tiffany’s新しいタイプのプレーガールとは?

[やってみた]2020年目標!メンタリストDaiGoさんの動画科学的に正しい新年の目標の立て方から

今回も衝撃。関さんのやりすぎ都市伝説

[最新刊]3月のライオン15/やっぱりバイブル

[書評]知れば怖くて食べられない!食品の裏側

[書評]後悔しない為には?風と共に去りぬ5巻から学ぶ3つの事

金持ち父さんの21世紀のビジネス

時代の変化に対応出来る人と出来ずに落ちこぼれる人【書評】風と共に去りぬ四巻

【やってみた】幸せの教科書/ 理想のパートナーに求める事30

【書評】仮面かぶって生きてませんか?幸せの教科書”Happy

変化に合わせて考え方を変えて行動する大切さ。風と共に去りぬ三巻感想・レビュー