こんにちは、Sakiです。

カーポティの、

ティファニーで朝食を

を読んだので、感想を書いていきたいと思います。

この作品読んだ事はありますか?

オードリー・ヘップバーンが主演の映画

もありますよね。

私は映画も本も今まで見た事がなくて

名前は前から知っていたけれど

今回初めて読んでみました。

結論から言いますと、

1番面白かったのは”あとがき”

でした。

とても有名な作品ですが、私はあまり

感情移入が出来なくて。

性格は自分とは違くても、せめて

考え方などに共感出来ないとあまり

惹かれないのかなと思いました。

“ティファニーで朝食を”は、

ホリー・ゴライトリーという女性が

主人公です。自由気ままに動きます。

本当に自由人です。

こちらの本は短編集で、他のお話は

・わが家は花ざかり

・ダイヤのギター

・クリスマスの思い出

でした。読み始めてから、違う作品

に突入しても全然心惹かれなくて

うわ〜どうしよう無感情でずっと読んでる

と思っていたのですが

最後の

“クリスマスの思い出”は少し面白くて

ほっとしました。

少年とおばさんのクリスマスの思い出のお話です。

2人の世界観が可愛らしくて、

なかなかひもじい生活の中で

フルーツケーキを焼いたり

クリスマスプレゼントに、

本当は買ってあげたい物があるけれど

買えないので、お互いに凧を手作りして

贈り合ったりしている描写に

心温まりました。

けれど、終わり方が悲しくて

少年は陸軍幼年学校へ入れられてしまい、

おばさんも亡くなってしまうので

2人で過ごす最後のクリスマスになってしまうんですよね。

終わり方が悲しいと、引きずります。

先ほども書いた通り、あとがきが1番

分かりやすくて面白かったです。

あとがきによると、

映画ティファニーと小説ティファニーはかなり違っているそうです。

一応説明しておくと、

ティファニーは

ニューヨーク マンハタンの五番街に開いた

宝石店で、世界でも有数の豪華なお店です。

ティファニーには勿論、

レストランはありません。

でも、

ティファニーの社長が少年少女向けに

テーブル・マナーの本を出版し

その宣伝のために実際にティファニーの店

の中で外部の人が食事をとった事があるそうです!

主人公のホリーは、

“プレーガール”と表現されています。

なぜ作者がホリーという新しいタイプのプレーガールを創造したか?

についての、翻訳者なりの答えが

今まで男にはできたが女には出来なかったことを、

あえて女にやらせてみたかったから

だと思う。

との事です。プレーボーイという言葉は

よく耳にしますが、確かにプレーガールは

耳馴染みがないですよね。

ホリーの言動から翻訳者がまとめられていた

表現がとても分かりやすかったので

ご紹介します。

他人に依存する生活には、野生の鳥の自由さがない。捨て猫をかわいがりながらも、あえて猫に名をつけないのは、それが所有関係をつくり、猫の自由を奪う結果になることを知っているから。

安定した住所を持ち、特定の男を選び、その人に所属し、その人にひたすら仕えたいというのは、世の女性の願い。がしかし、それは女の人の持つあわれむべき弱点ともなる。なぜならば、属するものを持つことは、そのものに所有され、自分の自由を縛られることにもなるから

ティファニー宝石店への憧れはダイヤへの欲望ではなくティファニーを個人の自由を尊重する資本主義イデオロギーのシンボルと感じた。

シンデレラになること。昔から世の女性たちにとって共通の夢。シンデレラの幸運をいともあっさり拒絶するホリーという新しいタイプの女性を創造した。

野生のホリーにとってそれは”本物の生活”のできる場所ではない

正直、私は物語自体に全然惹き込まれることが出来なかったので

ここまで読み取れませんでした。

なので

あとがきを読んで初めて

ホリーを少し理解できたような気持ちになりました。

私も、ホリーのような考えも持っているので

最後にやっと共感を持てて

本を読み終えられたので

“あとがき”までしっかり読んで良かったです。

皆さんも、

ティファニーで朝食を

をこれから初めて読む事がありましたら、

あとがきから読むことをおすすめします。笑

読んで頂きありがとうございました。

Saki

関連

[やってみた]2020年目標!メンタリストDaiGoさんの動画科学的に正しい新年の目標の立て方から

今回も衝撃。関さんのやりすぎ都市伝説

[最新刊]3月のライオン15/やっぱりバイブル

[書評]知れば怖くて食べられない!食品の裏側

[書評]後悔しない為には?風と共に去りぬ5巻から学ぶ3つの事

金持ち父さんの21世紀のビジネス

時代の変化に対応出来る人と出来ずに落ちこぼれる人【書評】風と共に去りぬ四巻

【書評】仮面かぶって生きてませんか?幸せの教科書”Happy

【やってみた】幸せの教科書/ 理想のパートナーに求める事30

変化に合わせて考え方を変えて行動する大切さ。風と共に去りぬ三巻感想・レビュー

就活も転職活動も撃沈。そんな時に新たな道を教えてくれた年収3億円の25歳実業家