こんにちは、Sakiです。

先日、JOKERを観てきました。

映画館にはそんなに行くタイプではないので、久しぶりに行くと映画館の雰囲気にわくわくします。

今回ジョーカーを見たきっかけが、

友人が凄くおすすめしていて

絶対見た方が良いよ!バッドマン見た事なくても大丈夫だから!

と、とにかく推していたので

そんなに言うなら、、、

と別の友人にその話をしたら乗ってくれたので

一緒に出掛けた時に観に行きました。

ジョーカーについては正直全然知らないし

グロテスクなのは怖くて苦手だし

予告見たら暗そうな映画だったので、

ワクワクドキドキ

というよりも

そんなにおすすめな映画なら気になる

というモチベーションで見てきました。

ネタバレになってしまうのであまり内容については

書けませんが、

とにかくジョーカー(アーサー)がかわいそうで

こんな状況なら気もおかしくもなるなと

思いました。

笑ってばかりな事に理由があったり、

最初は銃を持つ事に抵抗感があったのに

どんどん殺人が普通になってしまう事が

ただただ怖かったです。

アーサーがジョーカーになってしまうストーリーなのですが、

不平等な世の中の仕組みが

悪のカリスマ”ジョーカー”をつくり上げてしまったと思うと

だからといって殺人を認める事は出来ないけど

ジョーカーのみを責めるのも違うのかなと思いました。

全体的に暗くて苦しくなるようなお話でした。

私はバッドマンを見た事がないので

そちらも気になります。

悪のカリスマ ジョーカー

の苦しすぎるストーリーに胸が痛くなりました。

(一緒に行った友人は、二日酔いもあり眠そうでした。ところどころグロくて怖いのによく眠くなれます笑)

誰も自分の事なんか見ていない

誰も自分なんか気にもかけない

とずっと悩んでいて、

そこから抜け出せる方法が度重なる殺人

によって注目を浴びるなんて

恐ろしいですよね。

なんだか、見終わった後に

何が正義で何が悪なのか

結局本当の所は分からないんじゃないかと

思ってしまう映画でした。

公開期間はあと少しだと思うので、

気になる方は是非見に行ってみてください。

色々考えさせられると思います。

読んで頂きありがとうございました。

Saki

関連

【書評】仮面かぶって生きてませんか?幸せの教科書”Happy

時代の変化に対応出来る人と出来ずに落ちこぼれる人【書評】風と共に去りぬ四巻

雨の日に聴きたくなるちょっぴり切ない曲。翻訳しました!英訳

共有

就活も転職活動も撃沈。そんな時に新たな道を教えてくれた年収3億円の25歳実業家

2019年もあと3ヶ月!今年の内にやりたい事リスト100!