こんにちは、Sakiです。

今日は、

ハロウィン

について書こうとおもいます。

年々、クリスマス並みに盛り上がりをみせるハロウィン。

渋谷の盛り上がりなど印象に残る方も多いのではないでしょうか。

こんなに盛り上がりをみせるハロウィンで、

他の文化を寛大に受け入れる日本の文化は素晴らしい面も沢山あると思います。

でも、

なんでもかんでもにわかに海外の文化取り入れすぎでは?と思ってしまうのは私だけでしょうか。

渋谷で盛り上がっている人たちの中に、ハロウィンの事を知っている人はどれだけいるのでしょうか。

私だって、そんな詳しいわけではありません。

でも、ハロウィンを日本に例えると”お盆”のような行事だということくらいは知っています。

これから、

ハロウィンってそもそも何なの?

という方の疑問を簡単に書いていこうと思います。

せっかくイベントを楽しむなら、知っていた方が良いと思いますよ。

ハロウィンとは?

10月31日から11月2日。

カトリック教会の祝日のひとつで、キリスト教の”万聖節”(11月1日、聖人と殉教者の魂を記念する日)という日の前夜祭。

死者の霊が親族を訪れる日と考えられていた(日本のお盆と似ている)

もともとはヨーロッパでケルト人たちが始めた習慣みたいです。

ハロウィンは、亡くなった人の魂を祭る行事の前の日(前夜祭)

という感じなんですね。

”クリスマスイヴ”みたいなものでしょうか。

現在は、アメリカで行事として定着していて、本来の宗教的意味合いはほとんどなくなってしまっているようですね。

なぜ仮装する?

では、なぜハロウィンでは仮装するのでしょうか。

それは、

ハロウィンでは霊が悪霊や魔女も一緒に連れてきてしまうと考えられていたため、

悪霊を追い払うために魔物の仮面を被っていたそうです。

なので、ハロウィンの仮装は悪霊から身を守るためだったんですね。

だからハロウィンの仮装は、怖い格好が多かったんですね。

仮装の意味は恥ずかしながら知らなかったので、

なるほど、そういうことだったのか!

と納得出来ました。

ということは、ハロウィンに可愛い仮装をしているのは全く何の意味もないって事になりますよね?笑

今は意味合いがどんどん変わってきているそうですから

それはそれで良いのかもしれませんが。

まとめ

まとめますと、ハロウィンは日本のお盆に近い行事で、

仮装は悪霊から身を守るため。

という事になりますね。

行事を楽しむのはとても良いと思いますが、

渋谷でバカ騒ぎしてゴミポイ捨てして汚したり迷惑かけるのは

恥ずかしいのでやめた方がいいと思います。

(ああゆうの嫌いで。毒舌すみません笑)

読んで頂きありがとうございました。

Saki

関連

実はよく分かってなかった‥知っておきたいお盆の事。

共有

就活も転職活動も撃沈。そんな時に新たな道を教えてくれた年収3億円の25歳実業家

センスの良い贈り物をしたい方♪4種のチーズソースを挟み込んだ新感覚えびせん クアトロえびチーズ