こんにちは、Sakiです。

Happyさんの”仮面かぶって生きてませんか?幸せの教科書”

という本を友人が貸してくれて読んでみたので、感想を書いていきたいと思います。

この本のテーマは

”わたし”を生きること。”わたし”自身で在り続けること。

自分の本当の気持ちを押し殺して生きるのではなく、それをきちんと認めてあげることが大切。こんな内容です。

私が分かりやすいなと思った例えが冒頭にありました。

それは、

キチンと整頓された部屋で/身体に良いモノを摂っている?/好きな食べ物は玄米 グラノーラ/スムージーはマストでしょ❤︎/好きな映画は”ティファニーで朝食を”/好きな漫画は胸キュン少女漫画/月一でオシャレして/キラキラ女子会開いてます♥”

これらの事は素敵で憧れます。

憧れるけどやらないですよね?だって”私の好きなモノ”じゃないですもの。

こう書いてあったのが印象的でした。

著者のHappyさんは、私は今回初めて知った方なのですが

ブログがとても人気で書籍化されててセミナーしてジュエリー&ウェディングドレスブランドを立ち上げて…

など、かなり成功されている方なのです。

漫画なのでサラッと読めて、これは普段の生活にも取り入れやすいな。という方法もいくつかあったので、印象的だった箇所を紹介しながら感想を書きたいと思います。

思考のグリッドを整える

思考のグリッドを整える、と聞いても何のことだかイマイチ分かりませんよね?

私も見出しを読んだだけでは分かりませんでした。笑

でも漫画がとても分かりやすかったです。

例えば、上司に否定された場合。

かなり落ち込みますよね。でも、こんな時に”思考のグリッド”を使うと良いそうです。

それは、

①失敗は誰にでもあるし!てかあの上司ムカつく~

②もしかしたら上司は今機嫌が悪かっただけかも

③もしかしたら家庭が大変なのかも

段々”自分への否定”から遠ざかるので気持ちが楽になります

これは、使えるんじゃないかと思いました。人に何か嫌なことを言われたり、怒られたりすると、自分をとにかく責めて責めてということは私自身よくあります。怒られるというのは良い意味の場合と悪い意味の場合がありますが。

私のために怒ってくれる人は大切にしたいと思いますが、

そうじゃない場合(ただのストレス発散など)はこの思考で自分を責め続けるのを回避できそうだと思いました。

ワガママ・我がまま=私のまま

”私なんて大した人間じゃないから 皆の邪魔にならないように生きていたいです”

と思ってしまう方はいませんか?

はーい。笑 よくあります。(・・;)

これは、謙遜しているでしょうが”自己卑下”になるので

”人の邪魔になりたくない”って言いながら”人の邪魔になるエネルギー”を出している
そうなんです。

もちろん、ここでいうワガママは不平・不満のエネルギーを出しながらのワガママではなく、

心の底から楽しみながらの”私のまま”だそうです。

確かに、マイナスオーラをまとっていると周りに何も良い影響をもたらさないどころか、不快にさせてしまう事は多いですよね。

この本では”公害と一緒”と書かれていました。自分が”公害”になるなんて絶対嫌ですよね。笑

トライ&エラーを繰り返す

これは本当に、その通りだと思います。

これは、私がこの方からビジネスの勉強をしよう!と、学んでいる方も仰っていたので説得力があります。

そんな先生についてはこちらの記事に書いています。

就活も転職活動も撃沈。そんな時に新たな道を教えてくれた年収3億円の25歳実業家

なにか上手くいかない事があったときに、ただただ落ち込み続けるのではなく、

次はこうしてみよう

などのように、ゲームを攻略するつもりでいると成長していけるし

自分が試してみたもののあまりにも合わなかったもの、マイナスリターンしかないもの

は、これはもういいや!と経験を元に分かることも出来ます。

なので”まずやってみる”精神大事だと思っています。

自分にYESを 世界にNo, thank youという勇気を

これはなかなか実践するのが難しいなあと思いました。

特に私は、人にNoと言うのが苦手な、結構典型的な”Noと言えない日本人”

だからです。アメリカ留学してたのに・・

でも、Noと言えるのはとても大事です。

詐欺まがいの事にはっきり断ることが大事なのは言うまでもありませんが、

乗り気じゃないのにいやいやされても、かえって相手の時間を奪って迷惑かけますからね。

No, thank youと正直にハッキリ言える勇気、これは一刻も早く持てるようになりたいです。

理想のパートナーを引き寄せる

この本を貸してくれた友人が、以前付き合っていた彼氏と別れた後に”あ~”と落ちてしまった時があって、その時に自分の気持ちを整理するために”パートナーに求めること30個書き出してみた。書いてみたら、自分が求めていることがクリアになった。

と言っていたので、”振られることが得意な私”は家に帰ってからためしてみました。

別の記事にまとめました。

【やってみた】幸せの教科書/ 理想のパートナーに求める事30

まとめ

自分の気持ちをきちんと聞いて、それを認めてあげること。自分が自分を大切にすること。

自分が二人いて、仲良くなれるようにするイメージですね。

そういう心がけが大切なんだということを、この本から学びました。

関連

【やってみた】幸せの教科書/ 理想のパートナーに求める事30

読書大好き!最近読んだ本たち♬

小説からビジネス書まで!ここ1年で読んだおすすめの本

共有

センスの良い贈り物をしたい方♪4種のチーズソースを挟み込んだ新感覚えびせん クアトロえびチーズ

就活も転職活動も撃沈。そんな時に新たな道を教えてくれた年収3億円の25歳実業家