音楽が力をくれることは沢山あります。

秋になって肌寒くなると、何となく気持ちが沈んでしまう方は多いのではないでしょうか?

秋といえば、

食欲の秋

芸術の秋

読書の秋

と、アクティブなイメージの夏と比べて

ゆったり過ごす時間が多くなるのかなと感じます。

個人的には秋の方が夏よりずっとわくわくします!

ゆったり過ごす時間のお供に、

一歩踏み出そうとしている方に、

寄り添ってくれる曲を3曲セレクトして

翻訳してみました。

どれも大好きな曲です!

※繰り返しのパートは省略します。

Your Song/ ALEXANDROS

My name is

Common “such a song”

He wrote

Life of about 5 minutes

Spin with appropriate code

I was born in a transparent figure

Now that reaches you

From now, it becomes “your song”

I’ll be by your side

I will ring beside you

Everyone in the world are enemies

But I’m on your side

I’ll be by your side because I am your song

I’ll be by your side because

Common “your song”

It reached you

I hate irresponsible encouragement

But this body seems to be made for that

So please sing the song

Remove the earphones

I’ll be by your side

I will carry your voice

Even if there is no sound in the world

you can sing me

I’ll be by your side because I am your song

I’ll be by your side

I’ll be by your side because I am your song

I’ll be by your side

Even if you get bored with me someday

I wish sometimes you sing me a little bit

I’ll be by your side because I am your song

I’ll be by your side because I am your song

Myself/ moumoon

ここから出来る限り遠くへ逃げて

海の上を飛んで、そよ風を感じるわ

そんな夢を見て、そして目が覚めた

そこは音がなくて、ただ暗闇なの

私は何か、誰かを探してる

私を救ってくれる何かを

完璧になろうとしていた

そして自分を見失って

今私がする事は恐れから逃げる事よ

でも自分自身になりたいの

私が泣く時いつも

今までよりも強くなれるわ

恐れる事を恥じてはいけない

だめよ

そんなに否定しようとしないで

私が笑う時いつも

今までよりも幸せになれるわ

成長には痛みが付きもの

自分を騙すよりもずっと良い

そして今

泣きたい時は泣いて

笑いたい時に笑うの

風見鶏がゆれる

丘の上で出逢った

Ahきみは強いひとで

Ah嘘のない目をしていた

ついに見つけたわ

それはあなたがくれる愛

よわい よわい

このこころ

愛してくれる人

教えてくれた

泣く時はいつも

Ah つよく つよく なれるはずだから

恐れる事を恥じないで

ダメよ

こころに嘘はつけないよ

Ah やさしい気持ちがあふれてくるから

そして今分かった

あなたが何を言おうとしているか

自分に決して嘘をついてはいけない

私が笑えば、誰かも笑える

私が泣けば、誰かが気にかけてくれる

どこへ行ったら良いのか探してる

だって間違った道へ行きたくはないから

自分の気持ちを飲み込んで、そしてそれで十分

自由になりたいの

今までよりも強くなるわ

恐れる事を恥じないで

ダメだわ

否定しようとしてはいけない

笑う時はいつも

今までよりも幸せになれる

成長には痛みが付きものだから

自分を騙すよりもずっと良いわ

私が笑えば誰かを笑顔にできる

私が泣けば誰か気にかけてくれる人はいるわ

Begin Again/ Taylor Swift

鏡に映る自分に溜息をついた

彼は私がヒールを履くのを嫌がったの

でも私は履くわ

ヘッドホンでロックを聴いて

彼は良さが分からなかったけれど

私には分かるの

あなたが遅れて来ると思っていた

でも早く着いて、立って手を振っていたわ

今行くわね

あなたは私が椅子に座るのをエスコートしてくれて

あなたにはその素敵さが分からないようだけど

私には分かるわ

あなたは子供のように大きく笑うの

あなたは私の事面白いって思ってくれるけど、何故かしら

彼は一度もそんな事思わなかったんだもの

この8ヶ月を過ごしてきてしまった

今までしてきた恋が壊れて、燃えて、終わるのを思いながら

でも水曜日のカフェで、新たに始まるのを見たわ

あなたは、私みたいにジェイムス テイラーのレコードを沢山持っている女の子は見た事ないって言ったわ

でも私は持ってるの

お互いの話をして、私が何故シャイになるのか分からないって言ったわ

でもなってしまうの

私達は、私の車の方へ歩いていてもう少しで着くのに

あなたはクリスマスに必ず家族で見る映画の話をし始めたの、もっと話したいわ

そして過去は過去なんだって気付いたわ


いかがでしたか?

なんだかきゅんとなる曲だなあと思います。

歌詞の翻訳はこちらの記事でもしています。

気持ちが落ち込んでいる時に聴くとなぐさめてもらえる洋楽の和訳。

秋の夜長に、ぜひゆったり聴いてみては?♬