学生時代、アメリカに留学をしていました。

高校を卒業後に1年間日本でインターナショナルスクールに通い、

その後2年間アメリカネバダ州のリノの学校に通いました。

今日は、その時の話をします!

留学に興味がある方の参考になれば良いです。

アメリカ

Reno, Nevada

私が留学先に選んだのは、

アメリカのネバダ州にある、リノ

という所です。

ネバダ州といえば、ラスベガスが有名ですよね。

同じネバダ州でも、リノとラスベガスでは

飛行機で移動するくらいの距離があります。

アメリカの大きさには何度も驚かされました!

アメリカに住む人の中には、

“日本は大体カリフォルニア州と同じくらいの大きさだから、1日で全部まわれる”

と思っている人もいるという話を聞いて、

いやいや無理でしょ〜

と感覚の違いに驚かされました。笑

日本でインターナショナルスクールを卒業してから約2ヶ月後、

6月にアメリカへ旅立ちました。

リノは、私の通っていた学校と強いコネクションがあったので、

留学先に選んだ人も多く、

結構沢山の人数で向かいました。

行きの飛行機と、ほんの数日は

学校のスタッフさんが引率してくれました。

飛行機とバス

私はその時が初海外で、初実家を離れる

という挑戦だったので

とにかく怖くて怖くて。

飛行機の中で間違えて

絢香さんの”おかえり

を聴いてしまいました。本当に間違えた、、笑

東京からサンフランシスコへ行き、

サンフランシスコからはバスでリノまで行きました。

バスの冷房がガンガンで寒かったけれど、

運転手さんは陽気な良い方でした。

最初の1ヶ月半は、大学の寮に皆んな入らなくてはいけなかったので、

寮で過ごしました。

2人部屋で、ベッドと机と窓と鏡と洗面所だけの

狭い部屋でした。

お風呂場は、狭い電話ボックスみたいな所で

シャワーを浴びるだけ

という感じでした。

朝と夜はご飯が付いていて、

歩いて5分くらいの所にあるカフェ(?)に移動してご飯を食べていました。

そこが食べ放題だったので

まずはそこで太りましたね。笑

最初は食べ物が合わなくてキツかったんですけど、

慣れるもので。

途中からパクパクモリモリ食べていました。

寮のスタッフさん達はとても親切でした。

University of Nevada Reno(UNR)

元々短大志望でしたが、

そこの学校はTOEFL500点以上ないと入れなくて、

私は少し足りず、初めは大学の

語学スクールに通いました。

インターナショナル生が沢山いる所です。

他には、スペイン、コスタリカ、ブラジル、サウジアラビア、中国、韓国、ロシア、ウクライナなどなどグローバルでした。

授業はReading, Writing, Listening, Speakingでした。

プレゼンも勿論沢山あります。

大学(UNR)はとにかく広くて広くて!

校内をバスが走っています。

施設

図書館は5階立てで、PCも沢山あり

そこで課題をする学生で溢れていました。

なので、日によっては空いている席を探すのに苦労しました〜

カフェも充実していて、

校内にスタバやフローズンヨーグルト、

PANDA EXPRESSという中国料理、

ピザ、サラダ、サンドウィッチなどなど!

映画館もあり、

無料で見る事が出来ました。

ポップコーンもフリー!

凄いですよね。

よくドラマや映画に出てくる風景を

そのまま見る事も出来ました。

例えば、ランチ用にりんご丸ごと1個持ってきて丸かじりしている人。

真夏にニット帽の人。

真冬に半袖+半ズボン+ニット帽の人。

車通学の人が多かったから、

朝起きて寝間着のままそのまま来た

みたいな人。

スケボーで通学。

などなど!面白かったです^^

UNRでは、半年ほど過ごしました。

学校から家まで(距離に制限あり)車で送ってくれるシステムもあり、帰りが遅い日に何度か利用しました。

助かりましたが、待ち時間は多かったです。

Trucky Meadows Community College (TMCC)

UNRでの語学スクールが終わり、

晴れて短大へ行く事が出来ました。

通学方法

住んでいたアパートからUNRはとても近くて徒歩10分ほどでしたが、

短大のTMCCまではバスで行かなければなりませんでした。

バスで大体50分くらいだったような、、、

直線で行ってくれれば15分くらいで着くものを、

バスのルートが

一度ダウンタウンへ行ってバスを乗り換えて

そこからも遠回りして行くので

無駄に時間かかっていました。

やはり車社会で、車があればかなり便利だったと思います。

2年で帰るつもりだったので、

なるべく物を増やさないように変にミニマリストでしたね^^;

バスは、チケットを前もって買っておいて

それを専用の所にスライドさせます。

何ヶ月分か買えて、定期みたいなものでした。

ドアの前側から入りチケットをスライドさせて、

降りる時は何もしていなかったです。

又、私が利用していたバスは、日本のバスのように

“次は○○です”

のようなアナウンスがないので、自分で周りを見て合図を出さなければ止まってくれません。

合図の出し方は、窓に掛かっている黄色の紐を引っ張るんですけど、

初め分からなくて他の乗客の方に教えて貰いました。

普通にバスが遅れる事はあるので、

近くのバス停からダウンタウンまでのバスが遅れると、

ダウンタウンから学校までのバスに乗れないんですよね!

朝何度も悩まされていました。

バスを普通に利用していましたけど、バスは治安には不安があるので

注意が必要です。

でも、朝から後方の席でギターを弾き語りしている人や、

オペラのように歌って

“Thank you, thank you”

と言いながら降りて行く人など、

愉快でした。

学部とクラス

短大では、専門的な所まではなかなかいけないですし、

私は4大へ編入するつもりもなかったので

一般教養の学部を選択していました。

General Associate Studies

みたいな学部の名前で、

卒業は出来るけど

4大に編入は出来ない

という学部です。

この学部の良かった所は、色んなジャンルのクラスを取れる事です。

勿論、必須科目はいくつも決まっているので

それを取らなくてはいけないのですか、

自由に取れる枠もあったので

幅広く取っていました。

必須科目: 英語、数学、環境、パソコン、など。

選択出来た科目: ヨガ、ボーカル、演劇、エクササイズ、手話、料理、ダンス、音楽など!

もっと必須科目沢山あったはずなんですけど、

もう遠い記憶で思い出せないです(*_*)

初めは、レクチャータイプのクラス(座って先生の話を聞く)

を多く受けていたんですけど、

それだと一言も発さずに終わる事も普通にあって。

私は1番スピーキングが苦手だったので

アクティブなタイプのクラスを取ろう!

と思い、上記の選択出来た科目のようなクラスを取るようにしていました。

怖かったですけど、

それだと強制的に話さざるを得なかったので

挑戦にはなったと思います。

1番怖かったのが、

演劇(theatre)のクラスです。

このクラスはアドリブが多くて、まず何言ってるか聞き取れないし

だから勘でへなちょこな演技で返す。

みたいな日々でした、、

恐怖すぎて、演劇の発表の日の前日の夜から当日の朝にかけて

初めて夜一睡も出来ない

というのを体験しました。

又、このクラスは普段通っている場所とは違くて

違うバスに乗って行かなくてはならなかったので

自分で選択しておきながら

なかなか大変でしたね。でも先生が留学生への理解がありとても優しかったです。

楽しかったのが、ヨガです。

先生もとても良くてヨガはリラックス出来ますから、

楽しみにしていました。

休暇期間中に取ったクラスの中に、

料理もあり、ウェディングケーキを作るっていう面白いクラスもありました。

作る時から薄々気付いていましたが、

砂糖の量が尋常ではなく、

少し食べたけれどとてもじゃないけど

流石に食べられなくて、、、

ごめんなさいヽ(;▽;)ノ

Musicのクラスでは、先生が可愛いおじいちゃんで癒されていました。

生徒も愉快な人が何人かいて、

授業始めの出欠確認の時に、

先生が名前を呼んだら

“Here”

と答えるのですが、

それを指をパチンと鳴らして答えている人がいました。

他には、大きいヘッドホンをして周りに音がガンガンもれている人が、

他の生徒と会話をしている所を見た時も

ん!?と驚きました。聞こえてる、、!?と。笑

ボーカルのクラスは、2週に一度くらいのペースで発表兼テストがありました。

クラスメイトの前でソロで歌うのはガクガク緊張しましたけど、

先生もクラスメイトも温かくて良いクラスでした。

校舎の施設

短大は、大学に比べるとかなりこじんまりとしていましたが、

それでも日本と比べるとかなり広い敷地でした。

カフェは小さめでしたが、ポテトやチキンやトルティーヤやサラダがありました。

アパート

1年半ほど、アパートに住んでいました。

2人でシェアをしていました。

キッチンとリビングは共用で

トイレ、お風呂、部屋は別です。

結構広くて、快適でしたよ!

Westwood Sierra

というアパートでした。

冷蔵庫とオーブンは元から付いていました。

引っ越した当初の写真で、

全然何もない、、、笑

でも、帰る時の大変さを減らす事を考えて

割とずっと物は少なめでしたね。

部屋がいくつもあるように見えますが、

棚だったりします。

こちらが私の部屋でした。

必要最低限です!笑

布団も、布団もどきのような物で寝ていました。

敷地内にプールがあって、2回くらい入りました!

ガスと電気、Wifiは自分でそれぞれ契約するので、その契約は結構大変でした。

リノでは水道代がかからなかったので、

それはとっても助かりました!

買い物

リノは車社会で、買い物に行くのは結構大変でした。

コンビニもそんなに沢山ないし、ひょいっと行ける距離には無かったです。又日本のコンビニをイメージしていくと、品揃えに物足りなさを感じるかと、、

スーパーは、

WincoとWalmartに行っていました。

Walmartは家電など色々売っていました!

初期によく行っていましたね。

短大へ通い始めてからは、バスの途中にWincoがあったので、

帰りに寄ったり休日に買い出しに行っていました。バスで40分くらいかかっていました。

Wincoの方が安くて、

マンゴーが1つ$1.00(¥100くらい)

だったりで何度か買いました☺︎

私がよく買っていた食材は、

トマト、アボカド、キャベツ、鶏肉、ヨーグルト、卵、じゃがいも、パスタ、お米

などです♬

スーパーが遠いので、なるべくまとめて買いたくて、

リュックと手提げ袋2つをぱんぱんにしてバスを乗り継いで歩いて帰るのは、、、

良い筋トレでした。笑

グリークヨーグルトがあったんですけど、それがクリーミーですっごく美味しかったです!

シリアルバーも美味しくて、お土産に買って帰りました。

アジアンマーケットも、少し離れた所にあったんですけど、値段が高めなので

あまり利用しませんでした。

イベント

リノで行われていて、参加したイベントをご紹介します^^

Zombie crawl

ハロウィンの日に、ゾンビの変装をしてダウンタウンへ行く

というイベントがあり、友人と行きました!

初めてゾンビメイクをして楽しかったのを覚えています。メイクしている時が1番楽しかったです笑

Filipino Dance

高校でダンスをしていたので、

ダンスをしたいと友人(フィリピンの子)に話したところ

“私もダンスクラブ入ってるから来なよ!”

と言われて行ってみると

フィリピンの伝統的なダンスのクラブでした!!

予想外すぎてかなり驚きましたが

練習に毎週参加して

発表会まで出て来ました!

竹を跨いだり扇子を使う踊りで

貴重な体験でした!

気球

気球を飛ばす、有名なイベントもありました!

朝早くから公園へ行き、寒さに耐えながら待ちましたが

とっても素敵でした!

暗い中で、気球に炎を灯している時が

本当に綺麗でした!

他には、日本のイベントもありました。

計画を立てて準備をして

日本の夏祭りをイメージしたイベントが

大学の広場で行われたりしていました。

こちらは私もお店側として参加しました。

インターナショナルなイベントもあり

色んな国の料理を食べられました。

気候

リノは乾燥していて、夜寝る時に加湿器をつけていないと、次の日喉がthe ENDだったりしました。

洗濯はアパートの敷地内にコインランドリーがあり、そこを利用していました。

外に洗濯物や布団を干してはいけないので

皆んな乾燥機までかけていましたが、

私は部屋に干して加湿させていました。

乾燥しているので、すぐに乾きます!

湿気がないので、

夏の暑い日でも日本の夏のように生きにくくはありませんでした。

日差しはとても強いのでサングラスが必需品ですけど、

朝晩は涼しくて、夏でも長袖長ズボンで寝ていたくらいです。

冬は、1年目の冬がとても寒くて、

雪がかなり降ったり

気温は−17度までいったりしました。

それだけ寒いと、鼻をすすると鼻の中凍るんです。笑

家の前に急な坂があったので、

凍っていてすっごく怖かったです。

でも、湿度が低いのは過ごし易かったです。

Reno airport

何回も利用した、リノの空港です。

こじんまりとしていて、

ホーム感がありました。

Summer vacation

LA

夏休みに、ロサンゼルスへ行ってインターナショナル校時代の友達に会いました!

ハリウッドへ行ったり海を見たりピザを食べたりして楽しみました。

Spring break

最後の春休みに、サンノゼとラスベガスへ行きました。どちらも、リノから移動したお友達に会いに(^^)

ルームメイトと行ってきました。

SanJose

サンノゼはサンフランシスコと近いです。

火鍋を食べたりカラーランに参加しました!

Las Vegas

シルクドソレイユのショーを見ました!

本当に凄かったです!!

ダウンタウンでは、色んな国を感じる事が出来ました!

アメリカや

フランスのパリなど!

有名な、噴水のショーを見てきました!

無料でこんなにステキなショーを見られたので

何回も見ました☺︎

夜ご飯にお肉を食べました!

そして、エジプトのようなホテルに泊まりました。

珍しいですよね!

そして、ツアーに参加しました。

ツアー

ザイオン国立公園

アンテロープキャニオン

モニュメントバレー

グランドキャニオン

本当に、規模が全然違います。

どこも凄すぎて驚きの連続でした。

凄い。大きい。広い。

しか言葉が出てこないほど感動しました。

グランドキャニオンは、東京から名古屋くらいまでの広さがあるそうです。

どこも、もう一度行きたいです。

そして凄くおすすめです!!

Route 66

帰りに通ったルート66です。

ガイドさんが日本語も話せて、

日本人のご夫婦が何組か参加されていました。

ガイドさんのお話が面白かったです!

Graduation

1年半で、短期大学を卒業しました。

やっと卒業式だ〜!!

という気持ちでしたね。

留学中気をつけること。

留学中には、気を付けなければいけない事がたっくさんあります。

やはり日本は安全な事が多いですから

どうしても平和ボケしてしまっている方が多いと思いますが、

海外では、席を離れる時は荷物と一緒に移動する、

リュックの時は後ろを気にかける、

イヤホンを両耳にささない

などなど、出来る限り気を付ける事が大切です。

基本的には、夜は1人で歩かないようにも気を付けます。

パスポートを失くしたら終わりなので、

パスポートはなるべく家から出さないようにもします。

私が行ったリノは、ダウンタウンがちょっとさびれていました。

あの、”天使にラブソングを”

の初めに出てくるダウンタウンは、リノなんです!

ダウンタウンを歩いていると、キャッシュを持っているか聞かれる事が割とありました。

そう聞かれたら、Noと言って歩き続ければ大丈夫でした。怖がったりせず、颯爽と歩いた方が良さそうでした。

そして、自分から動く事。

誰かがやってくれる、と思うと痛い目を見ます(*_*)

そして主張する事も大事です!

学校の先生などにメールを送った時に、

普通に流し見されてしまう事も多々ありますから、

何度も辛抱強くメールしたり、聞きに行ったり

ガッツが必要ですね!

私もかなり頑張りました!笑

自分の意見を言えるようにする事も必要です。

これがすっごく苦手で何度も潰されましたけど、

“あなたはどう思う?”

と当たり前のように聞かれるので

それを見越して自分の意見を言えるようにしておくと良いと思います!


以上!

2年間のアメリカ留学についてでした!

忘れてしまっている事が沢山あって、

当時使っていた携帯がかなりポンコツで画質が悪くて、残っている写真も少なくて

伝えきれないのが心苦しいですが

参考になれば嬉しいです!

大変な事100倍ですけど、楽しい事も勿論あって、

何より色々と学びになります。

留学したら、必ず潰されると思いますから、

強くなれると思います!笑

色んな国の文化に触れて、視野が広がり固定概念が崩れます。

是非一歩踏み出してみてください☺︎