アロマ活用法

アロマは難しいと思いますか?

決して安くもありませんし、もしかしたら

“気になるけれどなかなか手を出せない”

という方もいらっしゃるかもしれません。

私も最初は全然分からず、

でも気になったので勢いで

アロマテラピー検定1級の勉強を始めました。

それをきっかけに、アロマにハマってしまい

その後にアロマ環境カオリスタ検定や、

ナチュラルビューティスタイリスト検定

も勉強して、取得しました。

香りに癒されるだけではなく、

科学的に心や身体に働きかけてくれるアロマ。

今日は、そんなアロマ

手軽にお家で楽しめる

方法を一部ご紹介したいと思います!

材料さえあれば、簡単に出来ます☺︎

アロマスプレー

香りを持ち運んだり、自然な香りに癒されたい時にオススメなのが、アロマスプレーです!

☺︎レシピ☺︎

好みの精油 12滴

無水エタノール 10mL

精製水 20mL

  1. スプレー容器に、無水エタノールを入れる
  2. 精油を加えて希釈する
  3. 精製水を加えて振る
  4. ラベルにレシピと作製日付を書いて容器に貼る

おしまい♡

使う時はよく振って、

1ヶ月以内に使い切りましょう!

好きな香りで作れるので、その時の気分によって色んなスプレーが作れます♫

空間にシュッとすると、暑い時はスプレーで一瞬涼しくなれます( ´∀`)

アロマは揮発性が高いので、香りを持続させる事は難しいのですが、

気が付いた時にシュッとする事で

癒しの効果があります!

香りは、記憶と強く結びついているので、

この香りを嗅ぐと○○を思い出す

という事がよくあると思います。

私は、ラベンダーの香りを嗅ぐと、

福島を思い出します。

昔、何年か連続で、家族で

春に福島へスキーに行っていました。

毎回同じホテルに泊まっていて、

部屋から温泉へ向かう途中に、スパがあったんですね。

そのお店があったおかげで、

廊下中にラベンダーが香っていたんだと思います。

妹も、”ラベンダーを嗅ぐと福島を思い出す”

と言うので、恐らく、そのスパのおかげではないかと思っています☺︎

香りと記憶が強く結びついているって

素敵だなあと思います(´∀`*)

アロマヘアオイル

夏の紫外線を受けて、髪もダメージを受けるのでヘアケアは大切ですよね。

うるおいとツヤに満ちている髪は憧れます!

ヘアケア

肌と違い、髪は自力でダメージを回復する事が出来ないので、正しいヘアケアが必要です。

私がナチュラルビューティスタイリスト検定で学んだ知識をご紹介します!

ダメージヘアの原因

ヘアカラー

パーマ

紫外線

髪がぬれた状態でのタオルや枕との摩擦

無理なダイエットによる栄養不足

美髪をつくる生活習慣

正しいヘアケア

バランスのとれた食事

適度な運動

十分な睡眠

禁煙と節酒

髪の紫外線対策

など

では、正しいヘアケアとはどんなことでしょう、

ここから紹介します(*´꒳`*)

正しい髪の洗い

    事前にブラッシング
    丁寧に予洗い
    髪より頭皮を洗うイメージで
    しっかりすすぐ
    トリートメントは毛先中心

頭皮マッサージも効果的です♫

ヘアオイルで保湿

お風呂上がりに髪を乾かした後や、

朝のセットの時に

ヘアオイルをつけて保湿します☺︎

手作りヘアオイルのレシピ

ホホバ油‥15mL

アルガン油‥5mL

フランキンセンス精油‥2滴

ラベンダー精油‥2滴

作り方

  1. ホホバ油とアルガン油をまぜ、精油を加えてまぜる
  2. 容器に移す

おしまい♡

天然成分なので、1ヶ月以内には使い切りましょう!

教科書にはフランキンセンスとラベンダーでのレシピが載っていましたが、

自分で好きな香りを調合できる所も

手作りヘアオイルの良い所だと思います!

別の日に撮った写真です☺︎

今回は、

ラベンダーとイランイランの精油を選びました!

オイルは、変わらずホホバオイルとアルガンオイルです。

混ぜるだけでとっても簡単ですし、

天然成分ですし、

良い香りで

悪い事ないと思うので、是非お試し下さい☺︎

アロマオイルトリートメント

アロマテラピーとマッサージの効果をいっぺんに体感出来るので、一石二鳥なのがアロマオイルトリートメントです!

植物油に、精油を加えて希釈した

トリートメントオイルを使います。

効果

保湿効果、

リラクセーション、

肌を整える、

血行促進、

筋肉の凝りを和らげる、、など!

トリートメントオイルのレシピ

精油は、直接皮膚につける事が出来ないので、必ず植物油で希釈してから使用します!

ボディ用とフェイス用では希釈濃度が異なります。

出来上がり量‥30mL

・精油 ボディ用 : 1〜6滴

フェイス用 : 1〜3滴

・植物油 30mL

植物油に精油を香りの好みや強さを調整しながら加えて混ぜます!

使いきる量だけを作るのが理想です!

でも、もし保管する場合は、遮光性の保存容器に入れて、作製日などを記したラベルを貼って下さい。直射日光を避けて常温で2週間保存できます。

使用方法

*トリートメントオイルを手のひらに適量とり、手のひらで馴染ませてから、薄く伸ばして使います。

*滑らせて行うので、オイルが足りなかったら、足してから摩擦に気を付けて行ってください!

*方向は、体の末梢から中心に向かいます。

注意する事!

冷たい手では行わない!!

妊娠中は使える精油を確認して下さい。

高齢者に行う場合は、トリートメント後に疲れてしまう事もあるので、はじめは30分以内で終わらせて下さい。

禁忌の精油を確認してから行って下さい!

(病気によっては、使えない精油もあります)

キャリアオイル(植物油)

精油を希釈する時に使う植物油を、

キャリアオイルといいます。

主な例は、

・アプリコットカーネル油

・アボカド油

・オリーブ油

・ツバキ油

・グレープシード油

・ゴマ油

・小麦胚芽油

・スイートアーモンド油

・月見草油

・ピーチカーネル油

・ヘーゼルナッツ油

・ホホバ油

・ボリジ油

・マカダミヤナッツ油

・ローズヒップ油

・アルニカ油

・カレンドュラ油

・キャロット油

・セントジョーンズワート油

‥沢山あってよく分からないですよね!?

私も、こんなに使いこなせてないです!笑

おすすめは、

ホホバオイルです!!

滑りがよくて、さらっとしています。

無臭で透明なので使いやすいですし、

どの肌質にも使えます!

私は、無印良品のものを使っています。

精油の選び方

精油もたっくさん種類がありますが、

1番は、自分の好きな香りのものを選ぶことです♫

トリートメントは癒し効果があるのに、

香りがイマイチだったら台無しです。

先日、妹にアロマオイルトリートメントを行いました!

その時は、

ラベンダーとユーカリ

を選びました☺︎

ラベンダー

体の痛み、落ち着きのなさ、イライラを感じている日に。心、体、感情、精神すべてのバランスをとる香り。

少量なら原液塗布が可能(とっても珍しいことです!)

妊娠初期は、使用を避けましょう。

ユーカリ

心身ともにリフレッシュしたい時に向く。殺菌、消毒の効果もある。

高濃度では使用しない。

妊娠中や乳幼児への使用は避ける。

妹は、とってもリラックスしてくれたようです☺︎

そして、今入院している

プチのおばあちゃん

にも、この間初めてアロマオイルトリートメントをしました。

マッサージは何度かしていましたが、

アロマを使うのは初めて。

ラベンダーの精油を、薄めの濃度で希釈して、

ふくらはぎのトリートメントをしました。

他の入院患者さんもいらっしゃるので、

香りは強くなりすぎないように気を付けます。

おばあちゃんも、気持ち良かったみたいで

良かったです(´∀`)

アロマオイルトリートメントを取り入れて、

心も身体も健康を目指したいですね!

精油の種類についての記事はこちらです☺︎

アロマテラピー♬少しずつ覚えたい、精油のプロフィール30選!

アロマストーン

友人から頂いた、あざらしのアロマストーン。

寝ている姿が愛おしすぎます!

冬には、スチーマーにアロマを入れて香らせる事が多いですが、

こんなに湿気が多いと

スチーマー要らなくて(^^;;

ここ最近ずっとアロマストーンが欲しいなあと密かに思っていたので、貰った時驚きました!

今回は、レモングラスの香りにしてみました。

レモングラスはすっきりとした、少し強めの香りなので、

優しく香るアロマストーンに癒されます♩


いかがでしたか?

以上、お家で出来るアロマ活用法でした♬

どれも材料さえあれば簡単に出来るので、

アロマ初心者の方でも取り入れやすいと思います!

アロマの力を借りて、

植物の力で健康的で美しく

を一緒に目指しましょう♬